読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

人生絵本制作。

先日、「人生絵本」というめちゃくちゃおもろいものを制作している出口さんと出会い、「僕のを作って下さい。」とその場でお願いした。 人生絵本とは、その人のこれまでの歩みを追いながら、その時々での気付きをまとめて一冊の絵本にしたものであり、 また…

疾病構造の変化と、鍼灸。

日本は、豊かな国だ。 生活環境(衛生面・栄養面など)が今ほどに整備されていなかったころ、病気と言えば、結核を代表に感染症などの「急性疾患」が問題だった。 急性疾患は、激しい症状を伴う。発熱や嘔吐、その他苦しみや痛みのことを症状という。下手を…

症状は病気ではない。

健康じゃない状態になった結果、症状が出ることがある。 症状とはつまり、発熱や痛み、疲れ、下痢などである。 じゃあ「症状を抑える」ということには、どういう意味があるんだろう…? 僕は「症状を抑える」ということに対して、根本的な視点の転換が必要で…

東洋医学を学ぶにあたって

西洋医学は「目で確認できること」に名前がついている。 対して、中国伝統医学から日本で発展した東洋医学の中には、気とか経絡とか陰陽とか、ちょっとよくわかんない用語がよく出てくる。僕はずっと、「何を指した概念なのか、さっぱりわかんねぇ」と思って…

幸せに素直でいること。

幸せでいること。健康でいること。裕りがあること。 自分がそうであることを、ただ素直に受け入れること。 他人がそうであることを、ただ素直に祝福すること。 妬みも恨みも嫉みもなく。 それだけで、いい。 僕は、人を健康に、幸せにしたいと考える人間であ…

健康になるために「身体の感覚を研ぎ澄ます」

僕の健康観は、簡単だ。 つまり、「引き算の健康法」である。 身体の感覚に従ってよりシンプルに生きること、である。 日本においては、物質的にめちゃくちゃ豊かな生活ができる環境にいると思う。 だけど、その中ではついつい「あれもこれも」と生活を足し…

家族単位での学び。

どうすれば健康に対する意識を高め、それを実際の生活に反映することができるか? 「ライフプランワークショップ(仮)」は、その手段の一つ。 僕は今一人暮らしで、自分の思想に従って好き勝手にライフスタイルを変更することができる。 だから、直接ワークシ…

健康意識を高める「ライフプランワークショップ(仮)」

どうすれば健康に対する意識を高め、それを実際の生活に反映することができるか? 思いついている一つの手段として、「ライフプランワークショップ(仮)」がある。 ①現在の24時間の時間の使い方を明記し、主観的健康度の点数を食事・睡眠など分野別につける。…

なぜ鍼灸師を目指すのか。part3

大学は、東洋医学や健康を勉強できそうな場所を選んだ。 ゼミの中に「東洋医学」というテーマがある大学は、多分珍しかったと思う。 それは、「心と身体を一体的に診る」という考え方が好きだったり、整体やマッサージって、どっちかもいうと東洋医学っぽか…

健康は、幸せであるための土台であり、手段である。

健康自体は目的にはならない。 「なぜ健康になりたいの?」「健康でいて何がしたいの?」を明確にすることが大切である。 健康を目的にした瞬間から、訳がわからなくなる。 「健康のために○○しています。」 ん?なんで健康でいたいのかな。 理由が明確になき…

タフネスを上げるためにしていること。

toughness=健康=調子よく日々を過ごし続ける力。 厳密には”病気でない状態を維持すること”ではない。 病気でないだけでなく、日々快調に過ごすこと、そしてそれを続ける力のこと。 感覚をめちゃくちゃ大切にして生きる。 お腹が減らない時は食べない。(食…

主観的健康と客観的健康は、別物だと思う。

健康と病気との関係は、1軸上で対極として捉えられることが多いように思うが、僕はそんなに簡単な関係ではないと思う。 これは、客観的な健康だけを捉えるための概念ではないかな。 こんなイメージをしてみた。 x軸上に、従来通り、客観的な健康度合い。マイ…

なぜ鍼灸師を目指すのか。part2

僕は、高校の時、進学校に通っていた。 初めて進路の話が正式にされたのは、2年の時だったと思う。 僕は大学のことなどさっぱりわからなかったため、とりあえず兄が行っていた大学を第一志望にして、担任との二者面談を迎えた。 「これは、あかんで。瀬戸く…

僕は、坊さんになりたい。

面白いページがあります。 「十界について」 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/3390/ninyo/jikkai.html 特に、菩薩界についての説明が、すごくいい。 「環境に支配されない主体的な幸福境涯を築いていこうとするのが仏道修行です。」 「菩薩…

なぜ鍼灸師を目指すのか。part1

僕は、小さい頃から自分を表現することが苦手だ。 一方で、人の「深い部分」の話を聞くのが好きだ。 「深い部分」とは、その人の好きなものだったり、悩みだったり、人生に対する考え方だったり、未完成な部分だったり。そんなところのことを指していると思…