塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

肉を食べなくなりました。(3/3)

前回の記事はこちらから。

daiki526.hatenablog.jp

daiki526.hatenablog.jp

 

ヴィーガン」と「老いなき世界」を知ったうえで、僕は毎日、こんなものを食べている。
 
朝:天然塩ひとつまみ入れたお湯
昼:定食屋の定食屋(できたら魚介)
夜:米と味噌汁と野菜が取れる料理。納豆。
 
僕が常食と認定してるもの:
天然塩、米、温かい水やお茶、野菜、味噌汁、納豆、油、魚介、卵、海藻類、豆類、ナッツ類、果物
※日本で当たり前に手に入るものばかり
 
僕が嗜好品と認定してるもの:
コーヒー、砂糖、酒、肉、冷たい飲み物、乳製品
 
まだよくわからないもの:
小麦粉、ジビエ
 
そしたら、少なくとも健康には全く支障が無いし、むしろめちゃくちゃ体調が良い。
痩せた。睡眠が深くなった。疲れにくくなった。
んで、 「何食べよう?」と迷う時間が無くなった。
とても自分にしっくり来ている。
 
やめてみて初めて、肉の周りで、いかに経済が回っているか感じる。
 
だが、繰り返しになるが、僕はこの考えを人に押し付けるつもりは無い。
自分の身体には合っていたようだが、他の人に合っているのかどうか、
健康を害さずに過ごせるのかどうかは、全くわからない。
一般常識として、栄養学の中では「肉は必須」という扱いになっていたはず。うろ覚えだけど。
 
でも、試す価値は十分ある。
 
今後も、焼き肉に誘われれば普通に行く。
「旨いなぁ。贅沢だなぁ。」と幸せな気分で、有り難く頂く。
なぜなら、食事には、栄養的側面、嗜好的側面、社会的側面。
この3つの側面があるから。

肉を食べなくなりました。(2/3)

前回の記事はこちらから。

daiki526.hatenablog.jp

 

そんな中、ある日、ある動画を見る中で
「ん?そもそも肉って生きるために食べる"必要がある"食い物なんだっけ」
という事に疑問を抱くようになりました。
 
それがこちら。
ヴィーガンについての動画です。
 
内容を簡単にお伝えすると、
・まず、日本人は江戸時代には肉を年間30gしか食べないで生きていた。
明治維新、そして第二次世界対戦後の二段階で肉の消費量が増えて、今は年間3000gと100倍の肉を食べるようになった
 
という事実は、結構衝撃でした。
「そうか、人間はそもそも肉を食べなくても生きられるんだな」と。
 
まだ動画は続きます。
・畜産業によって、3つの大きな地球規模の問題を起こしている。①温室効果ガスの増量②食料の偏在と貧困地域の飢餓③動物の倫理的な問題
 
特に②飢餓については、考えさせられるものでした。
畜産業で肉を生産するためには、多くの穀物などの「人間が食べられる食料」が必要ですが、
人類は既に、人口が増えていると言われている人類全員をお腹一杯食べさせられるだけの食料を生産している。
つまり、肉を生産するために飢餓が生み出されている、という話です。
また、③こんな環境を無理強いされている動物がいていいのか?というのも、確かに気になりました。
 
以上の二点「肉をそもそも食わなくても生きれる」
「畜産業で肉を生産することが地球規模での問題を引き起こしている」という観点から、僕は結論を出しました。
 
「肉は、贅沢品であり、嗜好品である。常食にする必要はない。」と。
「旨いので食いたければ食えばいいが、 毎日食う必要があるものじゃない」と。
 
だから僕は、肉をあえて食べることを止めました。
これでもし、健康になるなら、非の打ち所のない完璧な食生活ではないか、と。
 
その上で、こんな動画も見ました。
「老い」そのものが治せるもんだ、という内容。
簡単に言うと「ちょっとピンチな状況に身体を追い込む習慣で、免疫力や身体を回復する仕組みを鍛えると、身体は若返る」という発想。
この観点から「腹が減った」という感覚は、身体の若返りを促すものである、と。
 
ヴィーガン」と「老いなき世界」を知ったうえで、僕は毎日、こんなものを食べている。
 
(つづく)

肉を食べなくなりました。(1/3)

結構衝撃的なタイトルでしょうか。
 
そう、最近僕は、肉を食べなくなりました、
正確に言うと、全く食べてない訳ではないんですが、
「肉は嗜好品である」という認識で食事をするようになりました。
 
大前提として、僕は肉が好きです。
早い。旨い。安い。満足感も高い。
だから、食べる時はめちゃくちゃ贅沢な気分になれます。
「肉うま~。最高。至福。」ってな感じで。
 
僕はこれまで、常食を何にするか、ということを あれこれ実験・研究し続けてきました。
以前にこんな記事も書きましたが、
 
これは食べ方を変えてみたらどうなるか、という実験でした。
月曜断食も、かなり強烈な健康法であるなぁと相変わらず感じていますが、結果がわかったのでもう今はやってません。体験談と共におすすめはしまくってますが。
 
しかし、上の実験は「食べ物の内容」については特に制限することなく実施しました。
それでも結果が出たことが、むしろ良いところでもあったと思います。
 
ただ、どうしても何を食べたらいいのか結論が出ませんでした。
それは、世の中に情報が氾濫しているからでもあります。
「○○を食べて健康になろう」とか言う情報が腐るほどありますが、未だにテレビで新しいものが取り上げられると、スーパーからそれが無くなる社会。
「健康になりたい」という欲求が経済活動に利用されている状態ですよね。
 
健康の商品化については、根の深い話なのでまた別の機会に。
 
ただ、僕の健康の哲学は「引き算の健康法」です。
「何をするか」でなく「何をやめるか」によって得られる健康がある。
という哲学。
 
まず何かを買う必要が無いので、お金がかかりません。むしろお金は浮きます。
そして何かをやめるので、時間もかかりません。むしろ時間ができます。
更には、地球環境に負荷をかけません。むしろ地球環境に優しい生き方になります。
そして、他人に押し付けません。
 
この哲学を元に頭を整理すると「何を食べたらいいのか」ではなく
「何を食べることをやめるか」という引き算を考える必要があるなぁ、となんとなく感じていました。
 
しかし。食べ物が健康に大きく左右することはわかっていながら、今まで
「旨いと感じるもん食っときゃあいけるやろ」
「添加物は避けれたらいいんかも」
地産地消とか季節のもんを食べるのがいい」
くらいざっくりとしか考えてませんでした。
 
そんな中、ある日、ある動画を見る中で
「ん?そもそも肉って生きるために食べる"必要がある"食い物なんだっけ」
という事に疑問を抱くようになりました。
 
(つづく)