塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

キャパシティを上げていく。

今日のお昼、テレビを見ていると、

小林真央さんを看病する市川海老蔵さんが出てきてた。

 

「仕事と看病とを両立してすごいですね」的な質問をされた時の回答だった気がする。

 

「看病を、当たり前のようにしていく。

稽古を、当たり前のようにしていく。

仕事を、当たり前のようにしていく。

生活を、当たり前のようにしていく。

他の家族のことを、当たり前のようにしていく。

これはつまり、キャパシティを上げていく、ということです。」

 

最近、自由な時間に勉強や仕事を進めることができない時間が結構あって、「本当に人間は弱いなぁ…」「もっと心を強く持たないと。」と、自分を鼓舞してもなかなか手が進まない期間が続いていた。

 

それはつまり、自分のキャパシティが追い付いていない、ということなのかもしれない。

こう言い訳した所で、仕事や勉強が追い付くわけではないんだけど。

 

今を掴み直すことで、未来は勝手に変わっていくはず。

 http://daiki526.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/011113