塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

透明な空気

「じゃあ・・・また。」

歯切れの悪い挨拶に少し気まずい雰囲気だったのは、きっとまだ喋り足りなかったからだろうか。

熱帯夜という言葉がぴったり。京都鴨川のほとりで、僕と僕の姉は別れた。

 

4歳も離れた姉弟の割に、仲は良い方だと思う。

天邪鬼な性格。他人の気持ちを考えすぎて言い淀む癖。夢見がち。あと、顔。

最後のは、他人から見ると一目瞭然らしい事は、ちょっと照れ臭い。

図らずも似た姉弟は、大人になるにつれ、より一層互いを深く信頼するようになっていった。

 

「今夜、食事しませんか?」

そう連絡したのは僕の方だった。

「いいねー!ダラダラ色々と喋れたら嬉しいから、大喜と私の二人がいいなぁ(笑)」

 

姉ちゃんが自分の店を構えてから、もう何年経つだろう。お互い忙しくて「ゆっくり二人で」なんて、何年ぶりだろう。

僕が大学生の頃は、まだ実家にいたのもあって、語り合う時間がたくさんあった。

ご飯を食べ終わり、親が寝た後、週末の夜、リビングで。

その時々でテーマはバラバラだったけど、僕の人生にとても大切な時間だった。

夜中2時くらいまで話すのは日常茶飯事だったなぁ。

まだミニチュアダックスのぷぅが生きてた頃だ。膝の上で撫でながらってことが多かったけど、実は「早く寝かせてよ。」なんて思ってたのかも。

サラサラした毛並みの感触。痩せてたから骨張っててさ。

秘密基地っていうか…「世界中でここでだけは本音の本音、素の自分で居られる。」

 

そんな透明な空気だったこと、鮮明に思い出すような。

ちょっとノスタルジックで、でもすごく新鮮味のある食事会になった。

 

「この異常気象。もうすぐ地球が終わると思わない?なんとなく不安で生きてるんだよね、最近…」

姉ちゃんがこんなことを言い出したのは、店を出て終電迫るタイミングだった。

つくづくアーティストだなぁと思う。でも、その極高した感性を、僕は信頼している。

「そっかー…そんな風には思ってなかったな。あ、そろそろ、帰らないと。」

「うん。そうだね。」

「じゃあ・・・また。」

 

後ろ髪を引かれながら、最後に落とされた爆弾について考えながら駅に向かって歩く。

終電には間に合った。

そりゃあ、誰でも大なり小なり、何かしらの不安を抱えながら生きてるんじゃないかな。

そう思いついて、スマホをポケットから取り出す。

「命ある限り、生きていくしかないですよ。」

「うん、そうだね。」

「これ、読んでほしい。自分で言うのもなんだけど、読んでて泣きそうになる文章。」

と、東日本大震災のことを書いた文章を送る。

 

“「命を燃やして生きなければならない。」

これは、使命だ。何のハンデもなく生かされた、僕の使命なんだ。”

 

「2回目読んだら涙がとまらなくなっちゃって、電車なのに困った。(笑)」

「ありがとう、ありがとう。これがここまで伝わるのは姉ちゃんにだけだよ。今日は話せてよかった。」

「ありがとう。私たち姉弟でよかったね。」