塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

すごすぎてもいい。

人の魅力には、3種類ある。

アトラクト=磁石のように人を惹き付ける

チャーム=魔法のようにうっとりさせる

キャプティベート=心をつかみ、動かす

歴史に残る戦国武将は、みんなこの内のすべてを持っていた

 

経営者コンサルの桑原さんが、こんなことを言っているのを聞いて、「自分はどうかなぁ」と考えながらチャリをこいでいた時に、閃いた。

 

「あ、僕は中学生以来、人を魅了し過ぎないように、ある程度目立たないように、凄すぎないように、自分の魅力を抑えて生きてきてた。」

 

この気付き。

自分にとっては、ものすごいことで。

 

自分を抑える為に、どれだけの膨大なエネルギーを費やしてきたんだろう…?

そのエネルギーを、もっと伸ばす方向に使えたら、これからどうなるんだろう…?

 

思えば、幼稚園の時に描いた絵が評価され、日本から世界の展覧会を巡ったことがあった。

純粋に爆発してたんだよな、全開だった。

 

それが、中学生くらいになると、同調圧力にやられ?自分の八方美人にやられ?角を自ら折っていった気がする。

(ちなみに自分の八方美人具合は、自分でかなり気に入っている)

 

特に、二番目の「チャーム」。

何故だろう。人を、うっとりさせ過ぎまい、と謎の努力をしている自分にふと気づくことができた。

それによって、自分も相手も傷つけないようにしてきたんだろうな…

 

僕はもう既に同調圧力からは解放された。

むしろ、色々な人とお話する中で、自分の自由な人生が、自分で気に入ってきている。

更に、八方美人は、究め始め、「バランサー」として「ファシリテーター」として「マネージャー」として、その能力を便利使いし初めている。

 

そうと来れば、スゴすぎる僕を縛るものは、もはやない。

 

今日から、全開で生きます。

多分、魅力が2倍くらいになると思う。