読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

意外な自己の再発見は、癒し。

瀬戸大喜です。
私は、子どもからお年寄りまで癒せる人を目指しています。
 
こんな言葉が、自分から出てきて、びっくりした。
 
へぇー、そうなんだ。的な。
 
そうなのだとしたら、今は子どもにとっての学びと、大人にとっての癒しについては考えてきたつもりだけど、子どもにとっての癒しとは何だろう?大人にとっての学びとは…?
 
大学時代、「癒しとしての学び」というワードに出会っていたことを思い出す。
 
「学び」とは、「新しい情報に出会う中で、自己を再発見すること。」
 
「癒し」とは、「自然な自分の姿と今の状態とのギャップに気付き、肩の力を抜くこと。」
 
そうだとしたら、新しい情報に出会い、自分のことがわかってくる中で、「自分は、これでよかったんだ。」って思えたら。
癒しとして、学びは成り立つ。
 
以前、こんなことを書いた。
これかぁ。子どもにとっての癒し、は。
結局僕は、癒したいんだ。あらゆる人を。だから学ぶ。だから、学んでほしいと思ってる。
 
じゃあ僕は、「子どもからお年寄りまで癒せる人になりたい」って思う。
僕の一部が言語化された。このことによって僕は癒されているんだなぁ。
だからブログを書くと楽になれる。これこそが、癒しとしての学びなんだなぁ。