塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

「体力の回復」 の概念を、ゴソッと書き換える。

前回のブログでは、学び方の工夫をまとめようと試みたが、
それは、1日が24時間だけでは、専門学校の定期テストの勉強時間の確保ができなかったからで、
学習効率を上げざるを得ない状況に追い込まれていたからである。
 
さて、今回のブログでは、テストに向かう際の、血の滲む工夫のもう一つ。
 
専門学校のテスト期間中、勉強時間と集中できるだけの体力を確保するために、
ある一つの仮説を試した。それは…
 
「人は運転中に、仮眠を取ったのと同程度の体力回復をすることができる。」
 ※運転中に仮眠を取るわけじゃない
 
というものだ。
 
「体力の回復」 の概念を、ゴソッと書き換えよう。
 
今回のテスト勉強は、仕事との両立の中で、完全にキャパを越えていた。
だから、勉強時間を確保するために睡眠時間を削るんだけど、
「睡眠時間=回復時間」だと削るのは辛くて持続しないから、
回復時間を他の時間と兼ねつつ睡眠時間を削ることで、
回復時間は削らずに、勉強時間を増やすことができるというマジック。
 
現在の生活で、運転時間は1日3時間超程度あるが、その時間は同乗者との会話や、ハンズフリー電話での打ち合わせができるくらいで、移動以上の意味を付与することが難しかった。
 
しかし、もし上記の仮説を立証することができれば、世界がひっくり返るくらい、
僕の生活は快適になる。
 
 
ここから、僕がテスト期間中に蓄積したノウハウを公開する。
 
 
僕が試せたのは、姿勢の側面と、意識の側面からの工夫だった。
 
まず一つ目は「徹底的に身体の感覚を鋭敏に研ぎ澄まし、身体が求めるままに運転時の姿勢を工夫すること」だ。
僕も含め、人は案外、自分の身体の声を聴くことができていない。
運転中、身体のあらゆる箇所(腰・大腿・下腿・下腹部・内臓・脊柱・横隔膜・心拍・上腕・前腕・首・頭皮・脊柱と頭蓋骨の接合部・目・下顎・脳)に意識を向けて、それらがどのような感覚を持っているのか感じ取る。
力が入ったり、無理をしていそうなら、そこに意識を保ったまま、感覚の変化を追う。
必要であれば、座る深さ・背もたれの角度・座席シートの高さ・ヘッドレストの高さ・ハンドルの位置・ミラーの角度を調整していく。
車の設備の調整は、その日の体調によってベストが変わるので、運転の度にベストな姿勢を探り続ける必要がある。
 
これは、どちらかと言うと「運転による体力の消耗を抑える工夫」と言える。
 
そしてもう一つ。「意識的にボーッとする」ということだ。
この言葉は、ある種の矛盾を抱えている。より厳密にいうとすれば、
「意図的に、“ボーッと状態”に入る」と言う感じか。
 
“ボーッと状態”とは:脱力。口が開く。周辺視野が活性化して景色の流れと身体の感覚がリンクする。体制感覚・内蔵感覚が鋭敏である。unplug。
 
先ほどの「身体に意識を向ける」とかなり密接に関連しているが、
歩きながら、運転しながら“ボーッと状態”に入ることは、できる。
 
こちらは、「運転中に身体を回復させる工夫」だと感じている。
 
ボーッと状態に入ると、身体が回復モードに入る感覚があった。
すなわち、体力が回復してきているような感覚があったのだ。
睡眠でしか回復しなかった体力を、覚醒時にも実現する。
 
以上二つの工夫を、全て運転中に行う。
 
お気づきだろうが、この工夫には危険が伴う。
運転中に運転以外のことを意識を向け、あるいは「ボーッとする」わけだ。
 
優先順位として、体力の回復よりも、テストの点数よりも、何よりもまず、
事故や怪我は、まず第一に避けなければならない。絶対にここを忘れてはならない。
ここを外した議論は、空理空論でしかない。
 
すなわち、「危険察知能力」まで手放してしまってはいけない、ということだ。
完全な覚醒と完全な睡眠の間の、意識レベルのグラデーションの中で、
「体力は回復しながらも、絶対に事故リスクを高めない」落とし所を探らなければならない。
 
仮説検証中、この点に関しては唯一結論が出なかった。
 
ただ、2つの工夫の方向性に関しては、間違っていないと確信している。
 
なぜなら、この爆裂生活の中で、専門学校の定期テスト平均90点獲得することができたからだ。
 
余談であるが、この経験を経て、人間としてまたワンランク上に上がった気がしている。
専門学校に通うこの時間を換金すれば、半年で最低60万くらいの価値があったと考えている。

学び方の工夫。

鍼灸専門学生として学びながら、塾長として勉強を教えている。
僕の日常は、学ぶ側と教える側の両側面から「学ぶ、ということはどういうことなのだろう」ということを考えることの連続である。
 
専門学校の勉強は、その道のプロになるための学びである。
プロになるための学びの中には、時に無意味に思える(まだ意味がわからない)事象をただ記憶しなければならない局面もある。
そのような、ある種の理不尽さは、小中高生の勉強に似ている。
学ぶ内容が基礎的であればあるほど、実用からは離れていく。だが、基礎が無ければ、知識を知恵に昇華することはできない。
基礎勉強の味がわかるのは、基礎勉強を怠らなかった者だけだが、基礎勉強を怠らずとも、味がわかり始めるのは様々な人生経験の後なのかもしれない。
この矛盾を解消する状態の一つが「学ぶこと自体を楽しむ」というものである気がしている。
 
さて。専門学校1年生。前期末試験及び実技の小テストを超えるにあたり、どのように学ぶことを心掛けていたのか、まとめる努力をしてみようと思う。
 
学び方の流れ。ポイント。
①日々の予習=教科全体の中で、今日はどういう分野に取り組むのか、その枠組みを自分の頭に組み上げてから授業を聞く。問題を解く。
②テストが近づいてきた時=勉強する内容を、教材を繰り返しパラパラしながら付箋を貼り、「章の区切り」「覚えにくいポイント」「重要なポイント」など、自分なりにその教材をかみ砕いていき、どう勉強をするか戦略を考え、勉強の目処を立てる。ここまででテスト勉強は8割完成。
③考えた戦略を実行する。(下に具体的な戦略のヒントをまとめた)
④常に本番のイメージを大切にする。問題演習を手元に置き、記憶したところから問題を解く。全ての範囲勉強し終わったら、もう一度問題演習をして、分野別の実力の過不足を確認する。
 
勉強の戦略を立てる上でのヒント=教科書・資料集・授業プリントを読み返すなどの方法に加え、単語などとっかかりの作りにくいものの記憶方法を以下の4点でまとめた。
①「ビジュアルイメージ」:スマホアプリを徹底的に検索。安くて質が高く、常に手元に持っていられる教材を獲得する。繰り返し見る。
②「音楽に乗せる」:好きなアーティストの好きなアルバムを用意。その歌詞に覚えたい単語を当て込んで作詞。それを歌い、ボイスレコーダーで録音。繰り返し聞き、歌う。(単語の順番に意味がある場合)
③「自分が納得できる意味付け」:単語全体を眺めながら、自分なりにひっかかるポイント・法則性(頭文字や似た形などの見た目、時系列など)を元に表を作成。自分なりのまとめ(ジャンル分け)を作成することで、とっかかりを作る。(PCでExelを使うのが早い。)そして、自ら作った表でどのような分類をしていたか、繰り返し見る。
④「多角的な勉強」:できれば、一つの教科に対して、①~③など、あらゆる方向から覚えたい内容を見つめると、より意味のある形で記憶を定着させることができる。
 
このくらいのことを意識しながら今回のテスト勉強には取り組んだ。結果としては全教科平均90点を取ることができた。経営者と両立してこの点数を取れたことは、自信につながる経験だった。
まとめてみて見えたことは、結局日々の積み重ね方を工夫することと、常に俯瞰して自分の学んでいる内容の位置づけを確認すること。これで勉強の8割が完成するのだなぁ、と感じた。
 
まとめるにあたり、どのくらいの抽象度でまとめるべきなのかすごく迷った。
結局、学ぶ内容を限定した上で、つまづきやすい具体的なポイントを認知しないと学び方を教えることは難しい、ということなのかな。
学ぶ上でのレバレッジポイントは人それぞれだから、なのかもしれない。
ケーススタディを積んでいく中で、個別に対応していくしかないのかなぁ。
学び方だけを教えるのは案外難しい。次の課題。

入院日記⑩ ペンと一冊のノートさえあれば。

怪我をして、無力で、凹んでいる自分がいる一方で
医療者の卵として、はたまた医療社会学の本を読んでいた学生として
「入院」という体験の中で感じることの密度はかなり高かった。

 

その意味で、今回は本当にいい経験をさせてもらっている。
「転んでもただでは起きない。」ってこーゆーことかなぁとか思いながら。

 

これまでの人生の中で、特に大切にしてきたこと。
それは、考えたこと、感じたことをちゃんと紙に書いて残すこと。

 

入院というボーナスタイム。
これだけ自分の頭の中に向き合う贅沢な時間はなかなか取れない。

 

そして、入院という現象を捉え直してみると、それはすなわち「急激な環境の変化」だ。

 

その中でも冷静で、平常心を保ち、ちゃんと次のことを考えることができるのは、
ペンと一冊のノートがあるから、なのかもしれない。

 

f:id:daiki526:20170806124419j:image


逆に、それさえあれば、どんな状況になっても強く地面を踏みしめて、生きていくことができる。

 

そう確信することさえできた。