塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

青春時代

タクトが、天を指した。

 

聴衆が息を飲む音が聴こえた。

集中と緊張が入り混じり、会場を包み込む。

 

僕たちは、明らかにその場の空気のイニシアチブを取っていた。

 

先生からの提案があった時、正直に僕たちは驚いた。

「え?むばんそうきょく?それってどんな意味ですか?」

 

中学生の時、毎年クラス替えがあったのに、ずっと僕は、一組。

そして担任の先生も、3年間合唱に熱血な英語の先生だった。

 

「瀬戸くんはできると思わない?」

「選ぶのはみんなだから、強制はしない。でも、この挑戦は、このクラスでしかできない気がするの。」

 

僕は、合唱のパートリーダーを任されていた。

提示された曲は、どこかで聴いたことのある合唱曲か、「狩人のアレン」という無伴奏曲か。

学年の中でクラス毎に希望を出し、曲を取り合う形だった。

 

結局、半ば先生に押しきられる形だったように思う。

当たり前だが、無伴奏という難易度や、聴いたこともない曲であることも相まって、他のクラスと被ることなんてなく、すんなりと決まった。

 

狩人のアレン。

 

「みんな、全然声出てないよ!!」

練習を始めたての頃、海図を持たない航海のようだった。

音程、リズム、抑揚。そして、3パートのハーモニー。

その全てが手探り。

パートリーダーとしては、CDを聴き込み、わからないなりにみんなをリードすること。

 

正直、ワクワクしていた。

 

最初は乗り気じゃなかったメンバーもいた。

特にこの年代の男子は、真剣になることを嫌いがちだ。

 

しかし先生も本気だ。

真剣に打ち込む仲間や先生に心を動かされたのか、あるいは合唱としての形が見えてきたからか、段々クラスが一つにまとまっていくのを感じていた。

挙げ句の果てに、僕たちのクラスでは昼御飯の時にまで「狩人のアレン」を延々リピートして聴くところまでになっていた。

 

「中学校史上初の無伴奏らしいで。」

「そんなん無理やろ。」

「どんな曲?てゆーか、曲なん?」

 

色んな噂が校内を巡っていた。

 

そして迎えた、文化祭当日。

やはり3年生の合唱は、どこも完成度が高い。

 

僕たちは、文化祭で一番最後の発表だった。

三段になった舞台。

パート毎に立ち位置につく。

 

事前の噂もあってか、ワイワイしていたやんちゃな後輩たちも、しんと静まる。

 

タクトが、天を指した。

 

会場中のアツい視線が、舞台に集まった。

僕たちは自信に満ちた顔で迎え撃った。

 

タクトが振り下ろされるまさにその瞬間、

ソプラノのブレスが、微かに聴こえ、

狩人アレンの物語が、静かに始まった。

 

 

指揮者の左手が、力強く握られた途端、

盛大な拍手が鳴り響いた。

 

結果は、最優秀賞。

 

「当たり前だよね。」

「これだけ練習したんだし!」

 

そう言い合うみんなの顔は、

誇らしさでいっぱいだった。

人生の転機

まるで、嘘みたいだった。

 

2時46分。

僕は春休みを友だちと過ごしていた。

お気に入りのカードゲームをして、

なんとなくテレビを眺めていた。

 

3月11日。

「おい、これはヤバくないか。」

膨大な数の命が、津波に流されていく。

映像の迫力は、どんな映画をも遥かに越えていた。

 

2011年。

僕は、高校生でもない。

大学生にもなっていない。

そんな狭間を生きる、

紛れもない、18才だった。

 

「どうなるかわからんけど、ちょっと行ってくるわ。」

その日は何故か、自衛官の親父は家にいたような気がする。

 

ほとんど手ぶらの状態で家を出たっきり、

彼は2ヶ月ほど、ただの一度も帰ってこなかった。

 

東北。

僕はこの地に、何か元から特別な想いがあったわけではなかった。

そんな僕でも、相当に心を揺さぶられた。

 

余震、津波原発

事態を呑み込めないまま、連日報道は続く。

 

僕のように傍目から見る人の中でも、様々な感情があったに違いない。

決して一言で語り尽くせるはずもないのだけれど。

 

東日本大震災

 

「僕は生かされたんだ。」

理由はわからない。けど、そんな風に考えるようになった。

不思議でたまらなかった。

この平穏な日常を送れていることが。

 

「一体何故僕は生かされたんだろう?」

あまりに事態が大きかったからだろうか。

"たまたま不運な人たちが被害を受けた"とは到底思えなかった。

"たまたま幸運な僕たちが被害を受けなかっただけで、明日は我が身かもしれない。"

 

「不運の死を遂げた人たちの分まで」

かたや僕は、何のハンデもなく人生を全うできている。

倒壊もせず、流されもせず、帰る家がある。

放射線の汚染を気にすることなくご飯をたべる。

このことがどれだけ恵まれたことか。

 

「命を燃やして生きなければならない。」

これは、使命だ。

何のハンデもなく生かされた、僕の使命なんだ。

 

3.11

直接現地に対して、僕が出来たことは少ない。

しかしこの震災を、もっと広く、深く捉えた時、今僕がやるべき事がぼんやりと見えてくる。

 

「この時代に鬱滞する閉塞感を打ち破らなければならない。」と。

 

自分自身のため。

家族のため。

友人や知り合いのため。

関わりある地域のため。

そして、亡くなってしまった命のために。

 

自分より下の世代が「生まれて来てよかった。」そう思える社会を創る。

 

毎年、僕は振り返る。

命を燃やして生きているだろうか?

 

またあのような事態が起きた時に大切な人の命を守るだけの力をつけられているか?

または、そんなリスクの少ない人生を選択できているか?

原発事故によって明るみになった社会構造の無理を変えるための歩みを、確かに進められているのか?

 

僕たちは、時代という大きな葛藤の中にいる。

その中にあって、どう荒波を乗りこなすか?

そして、より多くの命と共に在ることができるか?

 

僕の人生は、僕だけのものじゃない。

2013/10/13 夜 自室にて。

誰もいない、孤独であることをまるで自分にごまかすような、
この感情・思考回路は何なんだろう。
ただ沸き立つ心の中の何かに身を任せてしまう。
それは真に自らの心が望んだことだったのかもわからぬる。
単に外発的に欲望を掻き立てられ、それに身を任せていただけではないのか。
オレはそんな生き方をどう捉える。この俺は。

自由、真の自由には常に孤独がつきまとうのだ。
なのに俺は誰かの影を追い、それにすがろうとしているのか。
俺が今本当に望むものは何だ。
自由になった時間。自由になった身体。自由になった呼吸。自由になった感情。
俺はそれを、それら全てをコントロールできるのか。いや、するんだ。
自由になった自分。宇宙、己。
自らが由となること。それが自由。
ごまかし続けて生きる。そんなことはできない。

新しい刺激的な何か。新しくもなんともないやり慣れた何か。

俺は誰かと一緒にいたいと思う気持ちを持っている。確実に。
だが、モノカルチャー経済が不安定だと言われるように、
現代日本人が地に根を下ろさずに生きている姿をあぶないと俺自身が思っているのと同様に、
孤独であることと誰かと一緒にいることを同じように選べないのは
ただの依存でしかない。
依存は何も生まない。
恋人も同じなんだ。愛と依存は違う。
そろそろ気付いてもいいんじゃねぇのか、その事実に。
本心から納得してもいい頃合いなんじゃねぇか?

今、この時間、苦しんでいる。
その先には何が待つ。
もしかしたら今、広く深く根を張っている自分の中にあるクロックを、本来の姿を
取り戻している最中なのかもしれない。
変化に苦しみが伴うのは当たり前。
NZを思い出せ。あの豊かな時間。

心臓の音がする。
自己主張なんかしなくたって、
存在感のある男になろう。生き様。

自らを解放し、新たな高みへ。
もっと高く。希望の音楽を鳴らそう。
夜明けは近い。

2013/10/13 夜 自室にて。