塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

ばあちゃんが死んだ。

2019年6月21日時点に書いていたメモ。

公開することに何の意味があるのかはわからない。

自分の中で「ばあちゃんの死」というものを消化したい、という気持ちはある。

だが、「完全に消化してしまったら、この世からばあちゃんの存在が消えてしまいそう」という気持ちもある。

いつまでの宙ぶらりんのまんまで留めておきたい気持ちもある。

だが、整理をつけて次に進みたい気持ちもある。

 

いや、実際どんどん前には進めているのだから、別に現状「ばあちゃんの死」という現象に足を引っ張られているわけではない。

むしろ、その鮮烈な記憶に、背中を押されているくらいだ。

 

ばあちゃんの葬儀の次の日。

頭がまだぐちゃぐちゃだった時に書いたメモに何か価値を感じて、

僕はこのメモを公開することにした。

 

ーーーーー以下、メモーーーーー

僕は今から散文を書く。

冷たい肌の感触。

お別れの瞬間の涙。

母娘が抱き合って泣いた納骨の後。

ばあちゃんは、愛されることを強く求めていた。
ばあちゃんは、正直トラブルメーカーだった。

介護の負担が心配。
この先じいちゃんはどうやって生きていくんだろう?

大きな困難を家族全員で乗り越えることができ、
月並みだが絆が深まった。

「すぐに生き返りそうな気がする。」

死と真正面から向き合うこと。

節目ができた。
親戚一同集まれた。
普段できない会話。

瀬戸の家紋。見つかった傘。

「大丈夫。寂しくないよ。」
「安らかにお眠り下さい。」

僕にできる供養は、こうして文章にすること。

早百合ノートの行方は?

姉がゆなを認めた感。

膨大な量の写真。だいきからの手紙と写真。
父さんが子どもの頃。

思い出がいっぱい詰まった部屋。
ばあちゃんの匂いがいっぱい詰まった部屋。

納骨の時の冷静さ。

肺がんステージ4~大腸への転移。そして下血嘔吐。
ラスト1か月半の幸福。

うつ状態からの入院。
家族を悩ませた歴史。

本気の振り返りは人生を加速させる

僕は、月一回、気の知れたメンバーを集めて「この一ヶ月を振り返る会」を開催しています。


あった出来事をまずは羅列し、良かったこと・悩みごと・大事にしていたこと等を出した後、
その中での気付き・学び、つまり「こうしたら上手くいった」「こうしてみたけど、 上手くいかなかった」をシェアし「それってどういうことだったんだろう?」と、対話を重ねていきます。


昨日もその会があったのですが、毎月やり始めて1年。
確実に「人生を加速させてくれる会だな」と感じています。


日常を過ごしていると、なんとなく過ぎていってしまう出来事が多々あります。
でもその中には「あれって結局どういうことだったの?」とか 「次に私はどうしたらいいの?」とか「僕って、先月と何が変わったんだろう?」ということがあると思います。
それってつまり、過去の出来事を消化することができなくてモヤモヤしたり、またそのことで未来への不安を抱いたり、意図的な変化・成長を起こすことが難しくなったりしている状態です。


振り返ることで、そのモヤモヤが消化できて土台が安定し、不安が解消し、次にすべきことが見え、自分の歩みに自信が出てくると、圧倒的に成長速度が上がり、人生が加速します!


自分を振り返る方法は、日記なども含めて色々ありますが
「月に一回、自分を振り返ることを目的に集まる」というのも、かなりおすすめです!

卒後の海。

鍼灸師は、卒業後海に放たれるようなもんやなぁ。」
 
こんにちは。特別研究生の瀬戸大喜です。
 
上の一言は、地域医療ゼミで僕がこぼした一言でした。
僕は開業予定の丹波篠山市の中で、若手医療者たち(保健師さん達と理学療法士さん)と共に
「もっと多職種連携を具体的に深めていかないといけないよね。」
「その為にはまず、顔が見える信頼関係を築いた上で、互いに何を考え、どのように、何をしているのかを理解し合わないといけないよね。」という課題意識の元、10月に地域医療ゼミを始めました。
 
いやー、他業種を知るっていうのは、本当に学びが多い。特に、医療者同士だから、日々抱えている課題は近いのに、アプローチや悩みが全く違ったり。
話を聞く度に視野が広くなっていく爽快感がありました…!!
 
その中で一番衝撃だったのは、卒後教育の違いです。
みなさんは、看護師の卒後教育に「キャリアラダー」という制度が運用されていることはご存知でしょうか?
簡単に言えば「学校卒業後プロになった後も、若手には若手の、中堅には中堅の、管理職には管理職の伸ばすべきスキルや克服すべき課題があり、階段のようなステップとして、それが定年退職まで見える化されている」というもの。
そしてそのラダーを踏んでいけば、キャリアアップしやすくなっていく、と。
 
これを聞いて僕は「鍼灸師は卒後、海に放たれるようなものだなぁ」と感じました。
この言葉には、悪い面と良い面があります。
悪い面としては、鍼灸学生は卒後、自己研鑽の仕組みは自分で選び、時に作っていくしかなく、統一的に決まったものはない。そしてキャリアアップの道筋も見えづらく、鍼灸師鍼灸を仕事としてし続けるには、かなり主体性を持って生き続ける必要がある、ということです。
しかし逆に、良い面としては、鍼灸師のキャリアはどこまでも広がっていて、自分の好きなように、好きなタイミングで、自由にあらゆるジャンルと組み合わせながらキャリアを作っていけるということです。
 
ある先生が「鍼灸師という仕事は、これまでの人生全てが活かせる仕事で、どこまでも探究し甲斐がある、一生続けられるおもしろい仕事だ。」とおっしゃっていたことと重なります。
 
さて。
鍼灸学生は卒後海に放たれます。
そこには、航路はありますが、道はありません。
事実は事実として受け入れた上で、どう進んでいくかは、自分次第ということですね。
 
次回のブログもお楽しみに!