塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

どうしようもなく八方美人。

 僕がなぜ鍼灸師を目指すのか。

 

それは、人生の変革の瞬間に関わりたいから。

 

昔から僕は、色んな人に深く共感を覚えてしまう人であって、

「それもわかる」「あなたもわかる」みたいな、八方美人である。

 

そんな僕は、どうしようもない不条理に晒されている友だちを見ていて、「どうにかしたい」と思うけれど、中学生の僕、高校生の僕、大学生の僕に何もできるわけもなく、ただ立ち尽くすしかない自分にとてつもない葛藤を持っていたことを思い出す。

 

心と身体はつながっていて、そういった不条理に晒されている友だちは、概して身体に支障をきたす。

不条理を変えるほどの力は無いのかもしれないけれど、そんな状況の中でもポジティブに生きることはできよう。幸せに生きることだってできるはずだ。

 

心の在り方は、身体に表れて、逆に身体から心を変えることだってできる。

僕は、身体から、対話から、心の在り方を変え、より力を抜いて生きていける人を増やしたい。

それは余裕であって、そこからまた自分の意思を発揮して、頑張って生きていくことだってできる。力を抜けるということは、可能性を増やすということに他ならない。

 

お灸は、日々のケアに向いていて、身体が不調になる前から来ることができる場にしたい。

そして、そこにネットワークを持った僕がいることによって、医療的なゲートオープナーとして機能することができる。

でも、それは医療に限らないでいたい。

「なんかわからんねやけど、モヤモヤする。」という相談を、そこで受けたい。固まってる人は、専門機関に任せればいい。

そういう種の悩みは、往々にして、その人の価値観に深く根差していたりする。

それを照らし返してあげたり、深堀りしてあげたり、身体を元気にしてあげることで、より深く自分を知り、世界を知るような場にしたい。それがその人の幸せに繋がると思うし、そうなったら何よりの僕の幸せだから。

 

寺子屋も、鍼灸も、同じだなぁ。

幸せにクソ真面目であること。

僕なんかは、実家に帰って、友達を招いて、コーヒーを入れて、「おいしい」って言ってもらえて、何気ない談笑を重ねる。

 

それだけで幸せだってのを知っているから、また帰りたくなるし、ううん。また頑張れるんですよ。幸せってのは何かを、はっきりと明確に知っているから。

 

僕にとってどんなに忙しくても、何よりも優先されるべきこと。

 

自分の幸せを最優先に生きる。
それは、他人を幸せにすることであって、それが仕事になるということを妄信して生きてきた。それで生きていけるということを、この世の中に証明するために幸せに生きる。

 

いや、だから、
幸せってものに本気で真剣でガチで
命掛けて生きてるのであって

 

日常やら社会の常識やら
これまでの自分の殻に
流されるような覚悟ではやってないわけです。

 

「幸せになりたいなぁ」なんてホワッと言ってるやつなんかとは全く一緒にしてほしくないわけで

 

幸せに貪欲でい続けてる。

 

地位とか名誉とかお金なんかは手段やからほんとにどうでもいい。

 

幸せ=価値観だから、人によっても違う。

 

だから僕は、誰とも競合せずに好きなだけ幸せでいられる。

 

幸せには定型がないから
その方向性とか必要十分ラインとかは
もはや感じる以外に方法はない。

 

嗅覚。

 

それを研ぎ澄ませて
PDCA回して
漸進し続けて

 

どんな瞬間も幸せであり続けられるように努力し続ける。

 

 

早く幸せの大気圏を越えたいなぁ。

 

無重力空間に入れたら、
こっちの勝ちだ。

7月。

2日

第2期決算報告。数字を整理。

経営は、見た目だけでも、なんとかなっていることがわかり、安心して寝る。

 

7日

専門学校面談。

クラス委員長になる。

頼るリーダーシップ。

 

8日

寺子屋初の「地域公開講座」。

独りでオールコーディネート。

内容よし。人数集めと広報が課題。

 

9日

「とよおか地域診断サミット」

主催兼ファシリ。

よき出会いも、疲れすぎて途中寝そうになる。

未来の仲間。

 

10日

会社事務的なピーク。

社会保険関連の事務の締切日に奔走。

 

 15~17日

カフェ営業。新たなトライ。

新規顧客の開拓に挑む。

オペレーションとメニューの兼ね合い。

 

18日

学校初の本テスト。

 今週中に9割を完成させ、あとの日は維持する程度の勉強割合が目標。

 

22日

寺子屋二度目の「地域公開講座」。

前回の課題点だった広報をどれだけ克服できるのか。

 

さて。

波に次ぐ波。

これは、グラデーション的な過ごし方をせざるを得ないで。

 

「予習」というものの大切さをほんとに切に感じてるんだが、そこまで手がまわらない。

いいサイクルを生み出したい。

学校に関しては、まだ「流れない感じ」が強い。どこがツボなのか。

 

気滞してる経絡はどこだ。