塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

風呂入るの、健康にいいのはわかってるけど、入らない問題

ついに解決策を発見。
 
「バステーブルを用意する」
これです。
 
なぜ健康にいいとわかってるのに 風呂に浸からないのか?
それは、「時間がもったいなく感じてしまうから」ではないかと思ったわけです。
わがままな僕なんかは、一つの時間に、一つのことしか進まないことがどうも耐えきれない。
 

f:id:daiki526:20190320182256j:plain

 
「じゃあ、その時間に別のタスクが終わる環境を整えればええやん。」
これが「バステーブルを用意する」という策の妙。
 
風呂に浸かる時間を「集中して何か作業できる価値ある時間」にしてしまった瞬間、
 
「あ、風呂入ろ。」 
こうなっちゃう魔法。
 
しかも、健康にもなれるという。
今回のは
#引き算の健康法
ってわけじゃないけど、余計なコスト(お金・時間・労力)をかけずに、
いやむしろ時間を生み出しながら健康になるという意味では当てはまるのかも。
 
思いついてから、バステーブル、シンプルなの探したけど無かったので、ホームセンターで木材買ってきて自作。
2,000円程度で防水塗装までして完成!
超簡単なので、質問いただけたら作り方教えます!
 
これから風呂に浸かるのが楽しみで仕方なくなっちゃいました!
ちなみに僕は、日記を書いて一日を振りかえる時間にしてますよー(*^^*)
 
風呂に入って身体を温めながら、一日をゆっくりと振り返り、
その間に洗濯機なんか回した日にゃあ…「あぁー、時間の有効活用ぉー!!」
達成感の中、気持ちよく寝れちゃいます。笑

僕の歯磨き。

 

f:id:daiki526:20190211004244j:image

 

#引き算の健康法
で、試行錯誤してたのが、
ある程度の到達点を見たような
感動を覚えたのでシェア。

 

そもそも、歯磨き粉は、種類によっては

「ほんまにこの成分、歯を磨く上で必要なん?」みたいなものも入ってて、
まぁ実際のところ害があるか否かわからんのやけど、
ネットで調べたらあることないこと含めて色々出てくるし、
余計なもの入ってない方が安心やなぁと

 

歯磨き粉を止めてみた。

 

一定期間「そもそも唾液には洗浄機能あるくね?」と、唾液だけで歯磨きしてたけど、
歯を改めて見てみると「なんか黄ばんできてね!?」ってなって、

 

そこで考えた、歯磨き粉に必要な機能。
①研磨機能(黄ばみを磨き落とす)
②中和機能(食物の残査があると、酸性状態になり、歯周病の原因になるから、弱アルカリ性に保つと歯周病予防になる。)
③爽快感(塩磨きで充分とわかってても、やっぱりなんか気持ち悪いのは、この機能がないからやろな。)

 

まず始めたのが、
#重曹うがい
重曹は水に溶かすとアルカリ性になり、かつ掃除用具として使われるように、研磨機能がある。さらに、食品添加物である"ベーキングパウダー"でもあるので、摂取しても安全。そして作るのが簡単ということで、

 

めっちゃええやん!?

 

500mlペットボトルに、小さじ1~2杯の重曹を入れて、浄水を入れてシャカシャカ。←完成

 

1年以上継続中だった。

 

しかし歯医者に検診にいくと「歯石が溜まってますね。」
これは、歯と歯の間に普通の歯ブラシじゃ取りきれないカスが残った結果。


歯医者さんでおすすめの
#フロス
(歯間ブラシ)を購入。指に糸状のものを巻き付けて、歯間に入れていく作業。
慣れたらまぁそんなに時間かからないけど、ちょいめんどい…

 

一応「一日に一回はやってね」と言われたけど、
「要は再石灰化しない内に取ればええんやろ!?」と今は週一回くらいの頻度。


そしたら歯石はきれいさっぱりなくなった!
歯医者さんにチェックしてもらっても「よく磨けてますね!!」と誉め言葉をいただく。

 

フロスは、やった方がいいな、と毎回やる度に思う。
ほどに、無意識に汚れてるから。多分みんな。笑

 

ということで、重曹うがい+フロス。


これがしばらくのベストマッチだったけど、


最後まで必要性を疑っていて、かつ満たせていなかった機能が「③爽快感」。

 

歯磨き粉に爽快感が入れられてあるのは、「磨いた感」を満たすため。
結局きれいに磨けてても、あんまきれいに磨けてなくても「すっきりしたー!」ってなってもらうためのもの。

 

いらんかなーと思ってたけど、やっぱり人間、いいものだとわかっても「好き」「気に入ってる!」って気持ちがないと続かないのが性。それは、最近
#あなただけのアロマ香水
をやり初めて思ってたこと。


健康にいいとわかってても、いい香りだと感じなければ続かないよね。

だから、やっぱり爽快感大事やなと思い直して、選んだのが、


重曹うがいに
#ハッカ油
を混ぜる、でした。

 

ハッカ油は、爽快感が出るのはもちろんのこと、食品添加物としても使われるものだから、多少摂取しても安全。


重曹うがいをつくる時、先に小さじの重曹にハッカ油を1滴たらし、混ぜてから浄水と500mlのペットボトルでシャカシャカ。

 

今朝、初めて磨いてみたら…
やっぱり爽快感大事。
「そういや僕、ミント好きやった。」と
思い出させてくれるくらい、


気分よく一日を過ごせました!

 

なので、長くなったけど、結論!


僕の歯磨きは、

#重曹ハッカ油うがい
で歯磨き!
週一回の
#フロス

 

以上で、できる限りシンプルな素材を使いながら安全で、かつ必要な機能を盛り込めて、安くて、歯をきれいに保てる方法が完成!

 

はぁー、満足。
色んな人におすすめしよーっと。

アロマ香水で、体調を整えるという新しい選択

昨日の朝から、寝違え様の凝りが酷かった首肩。そしてどうも調子の悪かったお腹。

♯嗅覚反応分析で状態を見たのが、2枚目の写真。めずらしく右下が高い。


持っているアロマを嗅ぐと、どうも左上の香りが好きなようで、アロマ香水を自分でブレンド
首肩とお腹にかけ、いい香りに包まれて寝る。
翌朝、同じ場所にかけて家を出た。


そして今。首肩の凝りは半減、胃腸の調子も戻る。
ここ数日悩まされてた水様の鼻水、頭のボーッと感もスッキリ。


チェックしてみると、狙い通り左上が伸びていてびっくり。
改めて、アロマの可能性に魅了されています。

 


【あなただけのアロマ香水作ってみませんか?】


アロマとは、植物の芳香成分を抽出・濃縮したもの。
そんなアロマには、嗅覚を通して人間の様々なバランスを変える力=薬理作用があると言われ、古来から様々な形で利用されてきました。
毒と薬は表裏一体だと言われますが、アロマの薬理作用は”うまく使えば"今回の僕のように、体調を良くする可能性もあります。


 アロマに秘められた薬理作用を人それぞれの体調・体質に合わせて”上手く使おう”というのが「嗅覚反応分析」というわけです。


嗅覚は、身体や心のバランスを取るシステム(ホルモン・自律神経・欲求・記憶・感情など)と
密接に関係していると言われています。
嗅覚反応分析では、その嗅覚の特徴を活かして、自分の普段意識できていない体調や体質を照らし出し、
そこから対策を立てていきます。


その対策の一つが、僕が今日から始める「あなただけのアロマ香水」です。
アロマ香水は、持ち歩きに便利で、いつでもどこでも、思いついた時に使うことができ、
私たちの気分をパッと切り替えてくれます。
そして何より、いい香り・・・・・♡


大学で健康について学び、現在鍼灸学生が始める「あなただけのアロマ香水」。
嗅覚反応分析による体調・体質のチェックとカウンセリング、そしてアロマ香水をその場でブレンド
お時間30分ほど。京阪神・篠山三田へは、出張で対応できるかと思います。
1回1800円で、丁寧におつくりさせていただきます。


日常にちょっと贅沢な癒しを取り入れませんか?


「もうちょっと詳しく聞きたい!」
「具体的にどうやったら受けられるの?」
「やって、せっちゃん!!!!」
「マルシェイベント出てほしいんやけど…」
気になる方は、コメント・メッセージ等、なんでもどうぞ。


みんなからどんな反応が返ってくるんだろう…
とてもドキドキしています…