塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

夢が叶いました。

ひとつの夢が叶った。
高校2年生、17才。
「人生最大のぼっち期」だったあの頃、はっきり自覚し出した夢。

 

それは「身近な人を助けられる人になりたい。」ということ。

 

「日本にはいっぱい病院あるのに、なぜ僕の周りにはいっぱい苦しんでる人がいるんだろう?」そんな想いがあった。
例えば、親の長年の腰痛とか。鬱で眠れない友だちとか。拒食症の友だちとか。
僕はその人たちの何か力になりたいと、もがいてた。

でも、結局何も出来なかった。

 

「健康って何だ?」「癒しって何だ?」
その本質を知りたかった。

 

だから僕は、進路を「健康について学べる大学に行こう」と思った。

 

それから10年が経ち、僕は27才になった。

 

f:id:daiki526:20190709002437j:plain

この間、実家に帰った時、「肩が痛くて…」と言う、父さんの五十肩の治療をした。
五十肩は難しい疾患で、もちろん今日で完治した訳じゃないけど、
「ましになったよ、ありがとう。」
と笑顔になってもらえた。

 

「あぁ、僕の10年越しの夢が叶ったんだな。」
じわじわと感動した瞬間だった。

 

僕が大切にしているシンプルな質問がある。

それは、
「曇り無き17才の僕は、今の僕に憧れるだろうか?」というもの。
道に迷いそうになった時、僕はいつも自分に問いかける。
「17才の僕なら、どっちの僕に憧れる?」

 

「人生最大のぼっち期」だったけど
その時、僕は「群れ」を克服することができた。
(「みんなと一緒じゃなきゃ不安」という感情を捨てられた)
自分の将来について真剣に考え、結論を出すこともできた。
そして、勉強に打ち込めた。

 

そう思うと、僕にとって高校2年生は、
人生最大のターニングポイントの一つだった。

 

次のブログでは、「夢を叶えるコツ」を、

僕なりにまとめてみようと思う。