塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

思い出の本棚

気付けば僕は、大きな声で泣いていた。

 

なのに何故だろう。

幸せそうに笑っている顔が、4つ、いや6つある。

 

「だいき」

 

それが僕のことだって感じるようになったのはいつ頃だったろう?

うまく思い出せないな。

 

僕が初めて泣いた朝、みんなが大きな喜びに包まれたから、ついたあだ名だそうだ。

 

そのあだ名は、いつしか僕の名前なんだと思うようになった。

 

"僕は、大切に大切に育てられてきたらしい。"

次の本を手に取る。

 

晴喜兄ちゃんには「だいきくん」とくんづけにされて呼ばれ、僕が何かをしようとしたら、それを汲み取って支えてくれる。

僕がどこかに行こうとしたら、そう思ったところまで連れていってくれるし、何かで遊ぼうとしたら、その遊び方を教えてくれる。

時には、僕の歳じゃ出来ないようなことにもチャレンジさせてくれて、少し怖かったけど、みんな見てくれているから、不思議と僕は大丈夫って思えてた。

 

ふわふわの雪が好きだ。

目の前にふわふわの雪山がある。

とんでもなく高く、果てしない。

なのに晴喜兄ちゃんや姉ちゃんは、その雪山から何かに乗って笑顔で滑り降りてくる!

「ねぇ、どんな気持ちなの?」

「どんな景色が見えるの?」

「どうやって上まで登ったの?」

そんなことをぼんやり思っていたら、晴喜兄ちゃんが言った。

「だいきくんもやろう!」

次の瞬間、僕の体は猛烈な勢いで雪山を登っていく。

ガタガタザクザク。

ふわふわの雪しぶきが、キラキラしてきれいだなぁと思った。

ふっと目の前の景色が開けた。

白や青や緑がいっぱい。

あんなに下にお姉ちゃんがいる!!

赤い色の服を着ているから、よく目立った。

「いくよー!怖くない?」

 

答える言葉を持ってなかったし、答える隙もなかった。

 

一瞬、僕は空を飛んでいるのかと思った…!

いや、実際僕の体は少し浮かんだ。

「ドシンっ!!ザーーーーーザーーーー…」

誰かが何かを叫んでいた気がするけど、雪の音で何も聞こえなかった。

めくるめくように景色がうつる。

全く未知の体験だった。

 

ざわめくから、僕はお腹に力を入れる。

すると、不思議に体は安定した。

お姉ちゃんが近づいてくる。

「シューーー…」

自然と、動き続けてた景色が止まって、二人が駆け寄ってきた。

「すっごい上手じゃん!」

「なにも怖がってなかったよ、ねぇ?」

「もう一回やる?」

 

二人が喜んでくれてる!

そう思うと、僕は自然と笑みがこぼれた。

 

それから僕は何度も何度も雪山を登ったり滑ったりした。

って言っても、僕はただ座ってお腹に力を入れるだけなんだけど。

 

 

"3歳くらいかな。"

僕は思い出の本棚から引っ張り出してきたこの本を閉じた。

 

"僕が初めて憧れたヒーローは、カクレンジャーだと思ってたけど、晴喜兄ちゃんだったのかも。"

 

昨日ある紳士に言われた言葉を思い出す。

「人生で初めて出会ったヒーローに、人は人としての在り方を学ぶ。」

 

僕は、その説が正しいのか間違っているのか、わからない。

 

人がその行動に至った動機や、この人がより幸せに生きるためにはどうしたらいいか、人の気持ちに寄り添い、興味が尽きない自分を振り返る。

 

"もし仮に、その説を信じるとしたら、僕の場合、ちょっと話が綺麗すぎるな。"

苦笑いしながら、心の中は晴れ晴れとした喜びに包まれていた。