塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

誇らしかったこと。

「将来は、瀬戸さんみたいに生きたいです。」

塾長である彼との出会いは、2年前の夏だ。

 

“ささやま寺子屋塾”というのは、

小学校の閉校したうちの地域に最近できた、塾の名前だ。

他に何も考えず、勉強に集中できる環境がほしかった。

中学生の弟が先に通っていたが、

そこに高校生の僕が後からついていく形だった。

 

「将来の夢がわからないんです。」

僕の家は、学校から遠い。

片道1時間自転車を漕ぐ。雨の日も、雪の日も。

そして僕は、高校球児として朝練もこなし、部活からの帰りは遅かった。

更に学校では、テストに次ぐテスト。

 

「今振り返ったら、部活終わるまでは、体力と頭のすべてを野球に捧げてたと思います。」

部活が終わった3年の夏。解放感が終わったら、次は焦燥感が襲ってきた。

具体的な夢を口にする同級生が増えていた。

 

残酷なほどに時間は過ぎていく。

適当に決めたくない。ちゃんと納得した道を選びたい。

そもそも自分は大学に行く必要があるのか?

決められないでうだうだしている時間は、

受験勉強ができたであろう時間として、後悔が頭をよぎった。

でも、いざ受験勉強に取り掛かろうとしても、

何をどうしていいのかが見えてこない。

それは、やはり具体的な目標が無いからだろうか。

と、また悩み、時間が過ぎていく。

 

気付いたら、蝉の鳴き声は止み、夜は涼しくなっていた。

 

きっかけは、彼の夢についてのプレゼンを聞いた時だった。

「僕は坊さんになりたい。」というヘンテコなタイトルだった。

これまでの経歴、今の生活、それらから考える未来。

初めてちゃんと話を聞いた気がした。

 

結局、「坊さん」ってのとどう繋がっているのかは、難しくてよくわからなかった。

 

でも、「これだ。」と直感した。

 

それからというもの、大学生の内に起業したり、就職活動をしてなかったりと、

色々自由な彼や、その彼の下に集まる大学生たちが、

「高校生の時にどんなことを考えていたのか」

「それがどう繋がって今があるのか」

「将来の夢は何なのか」

聞きまくった。

 

いつの間にか寺子屋は、「勉強を教えてもらう時間」から、

「将来を真剣に考える時間」になっていった。

 

対話を繰り返す中で、これまで気付きもしなかったことがいっぱいあった。

自分が生まれ育った地域を、自分がこんなに大切に想っていること。

地域にある「家族みたいなあったかい雰囲気」や「癒される豊かな自然」を残していきたいと思うこと。

仕事に“就く”ことしか考えていなかったが、仕事を“作る”こともできるんだということ。

そして、そんな自由な生き方がしてみたい、ということ。

 

どうやら塾長である彼は、今ある地域の豊かさを残そうという想いで、寺子屋を始めたらしかった。

 

それから数か月後。家に届いた封筒を開け、中身を確認した後すぐに、彼に電話した。

 

「無事、合格しました。」

 

最後の寺子屋は、受験期の振り返りだった。

「将来は、瀬戸さんみたいに生きたいです。」

 

彼は下を向いて、照れ笑いをしていた。