塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

高校生課題研究コーディネーターが終了しました。

思えば、三年前に始まったことだった。

 

高校生マイクロ水力発電アイディアコンテスト。
これは本当に苦労したなぁ。勉強しながら、専門家に会い意見を聞きながら、企画を立てては会議を調整し、高校のアポを取り、行政からお金を引っ張り、地域を調整し…ゼロからイチをつくる、初めての経験をさせていただいた。

 

そして、その後2年間の、高校生課題研究コーディネーター。
所属を超えて、連携すること、人を繋げることの楽しさ、大変さを学んだ。
お互いの意図を汲み、一つのプロジェクトに仕上げていくことに、自分の適性があることに気づけた。

 

そして、2018年度。
遂に僕の手から離れることになった。
しかも、プロジェクトが継続する形で。
まだ未確定のことなので、詳しくは言えないが、きっと大きな、
そして何より、高校生学びになるプロジェクトになりそうで、すごくワクワクしている。

 

子離れの瞬間を味わったような気持ちだった。
やり通すことができて、本当に良かったと感じている。

ここまで来るのに、3年かかるんだなぁと。
感慨深かった。

 

ここから。

 

人間としてまた新しい段階に入れるような気がして、
とてもワクワクしている。


次は、どんなプロジェクトが始まるんだろうな。