塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

鍼灸師としてのミッションを見つけました。

「こんにちはー。初めまして。」

緊張気味の挨拶から始まったのは、鍼灸師さんの集う勉強会?交流会?

京都の鍼灸師さんからのお誘いでした。

 

「本日はよろしくお願いします。」

 

この会が、僕の運命を変えるほどの時間になるとは、この時の僕はまだ知るよしもありませんでした…

 

学生としての参加は、僕のみ。笑

そこには、様々なスタイルの鍼灸師さんが集まる不思議空間で、とてもワクワク…!!

 

「では、まず自己紹介から始めましょう。」

 

お灸専門で開業されている方

セラピスト向けのセミナーと鍼灸施術を半々で行う方

柔道整復師とのダブルライセンスな方

整形外科に長年勤めている方

鍼灸を広める漫画を書きながら開業されている方

ウェブデザイナー鍼灸師の両立(シナジー?)を模索する方…

 

「こんなに多彩な鍼灸師さんが集まっている…!!」

内心かなり興奮していました。

 

僕は学校を卒業したら、即開業したいと考えていますが、

今もしている学習塾や、地域づくりの仕事も続けながら、

そこに「鍼灸」を使って自分が出来る仕事の幅をより広げられたら、

と考えているので、(いわゆる一般的なコースではない…?)

正直、「鍼灸師の働き方って、どんな幅があるのか!?」というリアルな話を、

聞きたくて聞きたくて、まさにこういう場を求めていたんです…!!

 

「どんな働き方されているんですか?」

「普段何を感じ、どんなことにやりがいを感じながら鍼灸されているんですか?」

「施術する中でよくぶつかる悩みはありますか?」

…溢れ出る泉の如く質問してしまいました。

 

会が深まる中、「僕は子どもに勉強を教えているんです」という所から広がった

こんな話がありました。

 

「体調不良に対する対処も必要なんだけど、そもそも何故健康を崩すのか、その原因を突き止める必要がある」

「それを考える上で、“家族”というものの影響はかなり大きい」

「特に子どもの問題などを見ていると、結局はお母さんの状態とリンクしていることがほとんど」

「今後10年の子育て世代は、自身の仕事と子育てと親の介護に板挟みになり、強烈にストレスを抱えることになる」

「お母さんが元気になれば、家族が元気になるのでは。」

鍼灸が、お母さんのケアをできれば、それが一番の社会貢献かも。」

「本当は、親子3世代みんなを診れるのが一番の理想」

 

これは…!!と身体に電撃が走りました。

 

それはなぜか。

教育の現場で、まさに考えていた仮説と繋がったからです!

 

「学力を伸ばそうとした時に、心身の健康を崩しやすかったり、家族友人含めた人間関係が上手く行ってなかったら?」

「子どもの心身の健康づくりや、彼らの家族関係を良くすることが、農業で言う土づくりなんじゃないか。」

「それらを良くすることで、学校で色んな種が蒔かれた時に、良く芽が出てきて良く育つんじゃないか。」

「学力はそれら芽の内の一つなんじゃないか。」

「だとしたら、まずは土を耕してやらないと、学力の伸びは頭打ちが来るんじゃないか。」

 

と、いうのが、僕の導き出した仮説でした。

 

ここ最近考えていたことが、プロの鍼灸師さんに最後のピースを埋めていただく形で、

全て繋がった瞬間でした。

「学習塾を経営する鍼灸師だからこそできること」が見えたんです。

もっと言えば、僕の鍼灸師としてのミッションがくっきり立ち現れた瞬間でした。