塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

結局は「生き方支援」をしたい。

最近思ってるんです。
鍼灸ってのも、人に出会う手段だなーって。
塾とか家庭教師ってのも、人に出会う手段。
移動カフェのマスターってのも、当たり前のように、そうであって。

 

じゃあなぜ、僕は人に出会おうとし続けているんだろう・・・?

 


僕は、苦しんでる人を見ると、いてもたってもいられなくなる。そこに自分の存在意義を感じてしまう。


でも「ただ慰めてほしい人」にはあんまり興味がない。まぁ、そういう人のそんな感情にも、多くは「根っこ」があって、それを掴むのは好きなんだけど。

 

根っこ。


つまり、「苦しいという感情の裏に隠れる欲求」「現状と自分の想いとのギャップは何なのか」「自分の価値観とは?」「それに従った生き方で食っていけるのか?」

 

そんなところを、ザクザク明らかにして、既存の枠に捕らわれずに生き方を模索して、具体的な対策をガツガツ立て、次の瞬間から行動してもらう。

 

そんな時間が好きで好きでたまらない。

 

だから、

「やる気あるのに働く環境によって腐ってしまった」とか、

「働き方が合わなくて潰れかけ」とか、

「転職あるいは起業を考えている」とか、

「もっといい生き方をしたい」とか、

そういう人大好きなんですよね。

 

そういう人の役に立ち続けて生きたい。
それが僕の夢なのかも。
だから、人に出会い続けようとしている。
のかもしれない。

 

生き方を変える為の、鍼灸
生き方を変える為の、教育。
生き方を変える為の、コーヒーと出逢い。
生き方を変える為の、自分らしい働き方支援。
生き方を変える為の、寺。

 

生き方を変える為の、星占い。笑

 

だから、最近「働き方を変える」にすごく興味あるんだなー。

 

ちなみに、医療とか教育の人たち。働き方ありきで働き始める人が多い印象。

そして、その働き方に苦しめられることも多いという印象。

それを一度原点に立ち戻り、専門性やスキルを、地域の中で生かすポジションって何だろう?って考えて、それを仕事にしていくことが出来たら…

世の中ひっくり返らないかなーと妄想している。