塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

子どもの未来と自分の生活を天秤にかけてみると、どうなる?

よく考えてみりゃ、エグい現場だったな。

 

歪みはいつから始まったんだろう?

 

あんな修羅場、なかなか立ち会えるものじゃない。

 

何かが変わろうとしている、産声だったような気がする。

 

 

僕は何を求めて生きているんだろう?

自分に正直でありたい。

 

僕自身も、しっかりと心に傷を負っている。

それを自分自身で慰めることなんて出来るんだろうか?

 

受け止めきれない現実が目の前に立ちはだかる。

 

何も腹に入れたくない。

出したい。出さないと。

 

どんな未来があるんだろう?

僕自身は、それにコミット出来るのだろうか?

 

「子どもの未来と自分の生活を天秤にかけてみると、どうなる?」

 

こんな問いに、未来なんてあるわけがない。

 

立ちはだかっているのは、「大学受験」であり、自分自身の殻だ。

何をどうぶち破ればいいんだろう?

 

諦めることはできる。それに決断という名前もつけることもできる。

 

でも、本当にそれでいいのか?

望む未来はどこだ?

何を得て生きたいのだ?

 

来年とか再来年とか、そんな話じゃない。

 

もっと深く、遠くにあるものはなんだ?