塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

入院日記⑦ 能力を獲得する喜び

自力で何もできないというのは、不安であった。

 

起きられない。
物が取れない。
食べられない。

トイレに行けない。

 

ここまで来ると
「放っておかれると死ぬ」って思うわけで
助けを乞うしかなくなる。

 

そんな中で、やはりどうしても
トイレに行きたくなって
「最悪オムツか…?」
と覚悟を決めかけていた。

 

その時、極近いトイレにでも、
車椅子のサポートをしてくれることがわかり、
痛みを我慢しながらだけど


トイレで自分で排便することが出来た時、
どれだけ嬉しかったことか。


服にこぼしながらも、食事が出来た時、
どれだけ嬉しかったことか。

 

座って、立って、歩けた時、どれだけ安堵したことか。

 

自らの姿が、日々成長する赤ちゃんと重なったり、しんどそうにしてるじいちゃんと重なったり。

 

「自立して生きる」ということが、
どれだけ難しいことか。
当たり前のように日々は過ぎてきたけど、
それがどれだけの奇跡に支えられているのか。

 

当たり前に身体が動くことに感謝。
能力を獲得するのは嬉しい。