塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

日記を書くこと。

何がきっかけだったのかな。

大学時代から、日記を始めた。

 

「手から日々がこぼれていく感覚」

もったいないって思った記憶がある。

 

「日記を書かなければ、日々がもったいない。」

 

目まぐるしい日々を過ごす中で「自分がどんな道を辿って生きてきたのか」というのは「足元にどんな土台があって生きているのか」であり、その土台がどんな形をしているのかわからないと、次の一歩が踏み出せなくなってしまう。

もしくは、近視眼的に今見えている方向にしか進めなくなってしまう。

 

視野が狭まってくる。

 

自分が今どこにいて、何に感動して、幸せを感じて、何を目指して、どう成長して、何に苦しんで、生きているのか。

 

「日々とんでもない成長をしてるんだから、日記書いた方がいいよ。日々の過ごし方が変わってくる。」

塾生にそう伝え、自分が一番焦る。

 

文章を自由に書く時間を作れない日々。本当に不幸だった。

もっと日記やブログの優先順位を上げないと。

 

確かに、これがお金を生み出しているわけではない。

だけど、エンジンの整備をしないと、車はいつか止まる。

ガソリンが注入されても、燃費が悪くなっていく。

あぁー、文章を書かなければ。