塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

人生とは。

似合わない仕事をする友人を見て。

 

いや、失礼なのかもしれないが。

 

ところで、今、電車の中で隣のおっちゃんが

「関白宣言」をフルコーラスで歌っている。

冷たい缶コーヒーを啜りながら。

 

つまりは、そういうことなのだ。

 

春の陽気に見舞われて、

何の前触れもなく、

赤井ランドセルの少女が走り出した。

 

あるいは、こういうことなのかもしれない。

 

その姿は、自然なように見えて

知り合いにすると不思議に感じてしまう。

 

人間は、過去というイメージの中で生きざるを得ないが、

本人の中では、僕には及ばない

ある種の合理性の中に

生きているのかもしれない。