塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

24歳。学校に入学して思うこと。

入学説明会では、新しい情報のシャワーで、無力だった。
「これが都会かぁ。」なんて思いながら、僕がそれに合わせて自分自身の思考回路や生活や仕事をカスタマイズしようとしかけていた。
 
ちゃうちゃう。何ビビッてんねん。
 
事業を回しながら専門学校に通っている人なんかそういなくて(多分)
自主的な勉強会に時間が合わなくて当たり前。
学校行事と仕事のスケジュールが合わなくて当たり前。
 
じゃあ、作ればいいやん。
 
それだけのこと。これまでやってきたことと同じ。
自分が生きやすい環境は、もちろん選び取っていくこともできるけど、
自分で作っていくことができる。
 
これまで、色んな企画・コーディネートをしてきた。
それとおんなじ。
 
「コミュニティ鍼灸師育成会」を発足すればいいし、そこに学校の先生や学生を巻き込めばいい。
勉強のペースだって、恐らくみんなと違うだろうけど、なんてったって、教育事業やってるんだぜ?
他の人よりも、「勉強法」については体得してきたはず。
 
よし、かますぞ。