読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

経絡経穴概論

僕は、昔から肩もみをするのが好きで、得意でした。

みんな、僕の肩もみで「気持ちいいなぁ。」と言ってくれました。

なので、これまでたくさんの人の肩を揉んできました。

 

その中で、肩を押す感覚から「この人の気持ちいいポイントがわかる」

という能力が養われてきたように感じています。

 

さて、1年生の授業の中で「経絡経穴概論」という授業があります。

その中では、ツボの位置を座学で学びながら、

クラスメート同士で身体を触り合い、実際に取穴(ツボを取る)します。

 

フェザータッチで触っていると、

「ちょうどツボの上に”指が止まる”ような感覚がありますよ。」

という形で、先生は説明してくれるのですが、

それがなかなか難しい。わかるようなわからないような…

 

これまでの僕が持っていた「気持ちいいポイントがわかる」という感覚を

授業の中でしっかりとした理論の中に置き換えながら、

プロとしての感覚を身につけなければならないぞ、と感じた授業でした。