読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

セイカツ。

就職するための活動、じゃないねん。
 
そもそもなぜ就職するか、ってこと。
 
それは、今よりも豊かに生きることができる可能性が高い選択肢である、という無意識の選択がその裏には隠れていて、
 
でも、本来「シューカツ。」以外にも、生きる道の選び方はたくさんあって。
 
僕は、大学生の内から協力隊になり、僕をちゃんと引っ張ってくれる人生の師に出会い、起業し、それで生計を立てて行こうとしている。
 
その中で、「僕はどういう仕組みの上で生きて行こうとしているのか」がだいたい見えて来ていて、
すごく安心する、というか、これこそが「地に足の着いた暮らし」であるように感じる。
 
なぜ安心するのか?
 
それは、ちゃんと自分の頭で納得した方法で、生活も、仕事も、自己実現も、幸せも、達成しようとしていて、そして、それを続けていこうとしているから。
例えば時代が変わっていったとしても、サーフィンのように、その時代の波に乗っかっていくことができると感じているから。
 
まぁ、まだ何も結果は出せていないのだけど。
この1年。この1年させ乗り切ることができれば、
僕はすごく安心して暮らし、最高の波乗り野郎になっていると思います。
 
僕がやってきたことは、「セイカツ。」
つまり、生きていくための活動。
「シューカツ。」は「セイカツ。」の一部に過ぎない。