読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

協力隊人生の終了。

その他

これまでの3年間、本当にありがとうございました。
僕の篠山での人生がここで終わるわけではないのだけれど、
大きな区切りであることは確か、です。

たくさんの人に囲まれて、応援されて、批判されて、仲間になって。

f:id:daiki526:20170331222825j:plain

協力隊着任直後は、本当にただの学生。
右も左もわからない中で、よく受け入れていただけたなぁ、と振り返れば思います。

たくさん成長させていただきました。
「まちづくりとは何たるか。」を、今では自分の経験をもとにして、
少しは整理して話すことができるようになったと思います。
また、地域の中で生き抜いていく戦略についても、
詳しくなったと感じています。

僕は本当にいろんなことをしてきたので、
見る人によっては「で、結局何者なの?」「何をしたのかよくわからないな」
と、思われることもあるでしょう。

僕が鮮明に覚えている言葉。
「公の金を使って、お前は自分探しをしようとしている。」

僕のやってきたことは、確かに自分探しでありました。
しかし。
その過程で、地域に何かを残すことができたのではないか。
自分探しと地域づくり。それらを両立することができたのではないか。

これは過信でしょうか。

f:id:daiki526:20170331222831j:plain

3月26日、大芋小学校の中で、サプライズで「協力隊の卒業式」が行われました。
大芋の方々が一丸となって企画してくれました。
僕にとっては、一生に残るプレゼントと思い出をくださりました。

僕は、地域や市役所や、その他僕を応援・批判してくれた人に対する恩を一生忘れません。
僕のできる精一杯の形で恩返しをしていきます。

これからは、篠山市内3か所(大山・大芋・草山)にて、「ささやま寺子屋塾」という名前の、
小中学生向けの小さな学びの場を運営・拡大していきます。
当該地域以外のお子さんも通ってくださっています。気になる方はぜひ僕にコメントください。

そこで基本的な生計を立てる挑戦をしていきます。

また、神戸にある「神戸東洋医療学院」に、入学します。
鍼灸師として、医療から地域づくりに関わる人材になります。

僕の夢は、僕自身が環境に左右されない幸せの在り方を探る中で、
得た知識や知恵で、他の人を幸せにすることです。

僕自身が、何者なのか、なんてことは、よくわかりません。
日々やっていることが変わっていくので。どうでもいいことだと思っています。
「またセトが変なこと始めたで。」くらいで思っといてください。
「なんかおもろそうやん。」って人がいたら、僕と一緒になんかおもろいことしましょう。

たくさんの人に囲まれて、応援されて、批判されて、仲間になって。この3年間は、本当に幸せでした。

それでは、また4月以降も、みなさまよろしくお願いします。