塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

鍼灸師として、"美容室"を目指している。

病院に行くほどじゃないけど、しんどさを抱えた人って、めちゃくちゃたくさんいると思います。

「これが普通だと思ってるけど、実はもっと(身体的に)楽に生きられる」って人も、めちゃくちゃいると思います。

 

そういう心身の状態の人って、症状として表れてる訳じゃなかったり、表れていても、病気と認めてもらえなかったり、病気と認められても、症状をごまかすしかなかったりで、誰からも助けられる仕組みがないように感じます。

 

でも、もしそういう人がもっと楽に生きられたら、そういうサポートができる人がいたら…

 

僕は、鍼灸師として、"美容室"を目指しています。

美容室は、「髪が伸びた」「きれいになりたい」「気分転換」みたいな理由で行くと思います。そのくらいのテンションで、鍼灸を受けてほしいんです。

 

美容師さんは、頭の形や髪質、もしくはその人の職業や性格、好みによってオーダーメイドで髪型を仕立てます。

 

鍼灸師は、その人の体質を掴み、ライフスタイルや性格、好みに合わせてオーダーメイドで心身を調えることができるはずです。

 

病院では担いきれない役割。
かつ潜在的にかなり求められている役割。

 

体質改善。
セルフケア。

免疫力向上。

タフネス向上。
生活改善。

 

誰しもが、スーパーサイヤ人

実はもっと、人生は楽しい。

健康によって手に入れる幸せ。