読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

僕が協力隊としてやって来たこと。

思えば、水車コンテストとローカルベンチャーは同じ構造である。

 

①まずは自分が挑戦を起こして人を巻き込みながら土台をつくり
②その道を辿る人が出てくる

 

水車は、②にいる。ローカルベンチャーについては、恐らく①だろう。

 

僕が去ってから、僕の3年の真価が問われるとすれば

「地域に挑戦者がどれだけ現れるか」

によって測られるべきであろう。

 

もしも僕がきっかけを作った「チャレンジの連鎖」という地域の新陳代謝を"地域活性化"と呼び、その状態を続けるのであれば、

 

まず僕自身がしっかりとローカルベンチャーによって生計を立て、夢を実現し、豊かに暮らしていることを発信しなければならない。

 

そして大芋は小学校に「チャレンジの後方支援機能」を充実させ、「大芋は若者のチャレンジを応援する地域である」という地位を確立しなければならない。

 

そう考えている。