読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾長鍼灸師のあたまの中。

ここだけの話。

「助けて」と言えない。言いたい。

その他

僕には、仕様のないプライドがあって、「助けて」と言えない人間だった。弱音を吐けない人間だった。吐きたくもないんだけれど、「吐きたくない」と「吐けない」は違う。僕は後者だった。相手の顔色を見て。「こんなこと聞きたくないだろうな」とか思って。

 

これまでは、「だからこそ、仕事全部引き受けてやろう。」と考えてきたが、それも限界が来た。

 

もう無理だ。やる気が出ない。


頭の中であーだこーだ自分に言い訳をしても、理屈をこねくり回しても、ダメだった。

 

「助けて」と言おう。

 

そう決めただけで、気持ちが楽になった。


僕の周りには、実際に助けてくれる人、励ましてくれる人。今日だけでも沢山いた。幸せだった。

 

これまで強がっていてごめんなさい。
助けてほしいです。色々と。